復活「右腕」

 全く書けない日々が続いた。
 テニスは、球出し、コーチの仕方、トレーニング方法をお金と時間をかけて
勉強した。自分のプレーの方はまったく上達しない。身体というより頭がまわ
らないことを確認。テニスは奥が深い。初めて8年になろうとするのに、思うよ
うなプレーができない。
 勉強は、調査をぼちぼち開始したが続かず。
 仕事は、ドタバタだった。
 同僚の2人病気休暇の間の忙しさと混乱といったらなかった。
 9月からは一人若い助っ人が入ってくれた。素直な良く笑う青年だ。
 まもなく同僚の一人が産休。代わりに若い女性がきてくれることに
なっている。とにかく現場は人がいないと回らない。みんなが元気で職場に
きてくれることに感謝だ。
 旅は、山形天元台と奈良京都に2回行った。仕事がらみだったが、奈良京都
は満喫した。何度行っても発見が多い。また行きたい。旅のことも書きたかった
が、書けずに終わった。
 ということで、「右腕をきたえたい」に戻ってくることにした。だいぶごぶさたして
しまった。
[PR]
by nokogirisou | 2010-11-03 09:34 | 日々のいろいろ
<< 『リーコとオスカーともっと深い影』 ケマル・ゲキチピアノコンサート >>