宮古の新そば

 
a0023152_141262.jpg

 秋になると会津に行きたくなる。
ちょっとした気分転換で、山都の宮古地区の新そばを
食べにでかけることにした。
 この地区は、民家を開放してお客にソバを食べさせて
くれる。座敷のような部屋で食べるそばが美味である。
 前回は「権三郎」に行ったのだが、今回は長命そばの
の店に行く。家の作りは、権三郎とよく似る。曲がり家と
いうのだろうか?
 そばは「水そば」「たれ付け用そば」が出てくる。
それに山菜の小鉢、さしみこんにゃくと漬け物がついて
くる。今日はこれに天ぷらを加えた。
 そばはたれが絶妙。新そばは、みずみずしく腰がある。
天ぷらはぱりぱり。キノコがうまい。
 今日は、天気もよいためか、客が多い。どこの蕎麦屋も
ぎっしり駐車。次はどこの店に行こうか。
 帰りは,裏磐梯を通ったが、もう観光はこれで最後のようだ。
紅葉は落葉になっており、あとはスキーの季節を待つばかり
か。
 
[PR]
by nokogirisou | 2010-11-21 09:42 | 日々のいろいろ
<< 小春日和の「栄蔵」行き 『リーコとオスカーともっと深い影』 >>