竜巻

 出張から戻ったら、職場が大変なことになっていた。
テレビ局や新聞社の車が並ぶ。消防車までいる。
 同僚によると、3時45分ころ、急に空が暗くなり、
渦巻きのようなものが見えたという。と、同時にあれ
よあれよという間に硝子が割れまくっていたという。
 近所も大物の板やトタンが空を舞い、あちこちに
落ちていた。一瞬のことで何が起きたかわからなか
ったそうだ。
 とにかく避難。けが人も出て騒然としたらしい。
 そして硝子の後片付け。
 間もなく放送で職員が集められ説明を受けた。
 わけもわからぬまま、硝子を箒ではき、ガムテープ
で大きなまどを段ボールや板でふさいだ。
とにかく安全確保。窓硝子の穴がむなしい。週末
であったことが不幸中の幸いか。
 こんな風に災害に直面するとは、驚きだった。
 自然が相手では、どうにもならない。 
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-03 09:48 | 日々のいろいろ
<< 今何をすべきか まっかなおひるね 多和田葉子・... >>