海の道開通

 
a0023152_2357126.jpg

 国道402号線、通称「海の道」「日本海夕日ライン」は私の好きな道である。
これまでは、五十嵐浜で左折し、いわゆる内陸の「産業道路」に入って新川
まで移動していたが、とうとう全線「海の道」が開通した。
 
 今日は天気がよかったので、ちょっと巻までドライブに出かけた。

 新しい道の快適なことといったらない。
 道は新川漁港の上を越え、広大な墓地を左に見ながら、越前浜の道へと続く。
夏はすいか畑だったところが、今は大根が植えられていた。
 この道のおかげで、移動時間は5、6分短縮しただろう。しかも眺めは数倍よく
なった。初冬の日本海を見ながらの運転は、なんとも壮快である。
 角田で左折し、旧巻町へ。

 ひさしぶりの巻である。ここは、時間がとまったような趣がある。商店街は、
レトロな感じでいっぱいだ。ついおもちゃ屋や、お菓子屋に入りたくなる。ある
おもちゃ屋兼駄菓子屋には、古いトミカが売っていてそそられた。昭和のミュ
ゼットのミニカーがある。セドリックやブルーバードなどもある。最近のトミカ
にはない、シャープな精密さがある。

 目的地はラーメン屋「こたん」である。以前は看板も暖簾もなくて、どこに店
があるのかわからなかったが、今日はちゃんと看板があった。
 店は、古くて、せまくて、お世辞にもきれいとは言えないが、夫婦ふたりで
やっている和やかさがある。混んでいるのに、注文するとすぐにラーメンが
出てくるところが不思議だ。
 このお店は「野菜みそ」がおすすめだ。麺は太くないし、野菜はあぶらっぽくない。
ふつうの味噌ラーメンとはちょっと違う。スープのこくと甘みが後をひく。なんとも
まろやかでこくがある。
 帰りは、カーブドッチの敷地内にある「ゴトラッテ」でアイスクームを食べ、口直し
をして海の道を戻ってきた。わずか2時間あまりの小旅行だったが堪能できた。
貴重な小春日和だからできたこと…。

 
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-05 23:40 | 日々のいろいろ
<< OECD学習到達度調査 「ヴェニスの商人」KURITA... >>