千葉学図研例会に参加

 
a0023152_2122235.jpg

 早朝新潟を出て、新幹線に乗る。
湯沢ではうっすら雪が積もっていたが、高崎を
すぎると、からっと天気で、朝日の照らす畑や家々が
まぶしく美しかった。こういう天気はどうして、人をこんな
に明るい気持ちにするのだろう。県民性は天気による影響
を受けるのではないかと思う。
 さて、桑田てるみさんの講演を聴くために、はるばる千葉
の学図研例会に参加してきた。会場は千葉市立図書館内
の生涯学習センター研修室。千葉市立図書館は、駅から
歩いて数分の、便利な場所にある。大きくて立派な建物。
まるで県立図書館ではないかと思う贅沢さ。 建物に入ると
吹き抜けで解放感がある。
 入ってすぐにCD、DVDなどの資料がずらーっと並び、
試聴ブースで、くつろぎながら、あるいは真剣な表情で見たり
聞いたりしている。その奥に雑誌の棚。これは壮観だった。
雑誌、雑誌、また雑誌。最新刊は表紙を見せてたてられて
いて、バックナンバーは平積みになっている。ありとあらゆる
雑誌を、ソファで眺めることができる。
 その奥に図書が並ぶ。
 児童コーナーも広い.新潟のほんぽーとの比でない。子ども
図書館に図書館員が3人常駐。カウンターも広い。 
 研修室に移動して、桑田さんのお話。「探求型学習」について。
キーワード
 PISA型読解力 クリティカルシンキング 考える訓練
 BIG6skills 
[PR]
by nokogirisou | 2010-12-26 20:41 | 本と図書館
<< 桑田てるみさんの講演 悲しい別れ >>