激動の一週間

 3月11日の東日本大震災の発生で、世の中がすっかり変わってしまった。
とにかく被災地のみなさんの無事と、一日も早く安全で温かい日常生活が戻る
ことを祈ってやまない。
 私の住む場所は、幸い地震の直接的な被害はなく、普通の生活を送っている。
被害に遭われた方に対して何もできず、テレビの前で、物資が現地に届かない
ことにイライラしながら、義援金を送ることしかしていない。
ツィッター等の情報を通じて、その速さと、みなさんの行動力の速さに圧倒され
ている。
 私の住む新潟では、計画停電は今のところ、中止となっている。節電は進み
街中の灯り全体が暗くなっていることを実感する。あらゆるイベントは中止だ。
楽しみにしていた音楽会も、親睦会も、勉強会もすべて中止。職場の卒業式
だけはなんとか実施された。生徒たちも必死で義援金を集め、ストーブをつけ
るのを我慢し、授業のないときには消灯している。
 スーパーでは、おそろしいほど品不足になっている。米、水、カップ麺の棚
がカラである。買い占めるなと言われても、つい非常食は買ってしまうのだ
ろう。ガソリンは店によるが、レギュラーがなくて、ハイオクを入れられたこと
があった。また、満タンまで入れてくれず20リットル制限の店もある。
 灯油の方が深刻だ。灯油は一度にたくさん買えない。
 がまんの連続でがあるが、命あって、普通の生活を送っていることに
感謝したい。

 周辺の体育施設、産業振興センターなどは避難所となり、3000人以上の
方が新潟に来られている。せっかく避難されてきた方たちが新潟で少しでも快適
な生活を送ってくださることを祈る。
 日本中の人たちが、協力し合い、互いを大事にしてこの苦境を乗り越えていく
しかないと思う。人の発言を批判したり、言葉尻を捉えたりする子どもっぽいこと
はやめて、よりよい支援、より迅速な復興のために努力できたらと思う。
[PR]
by nokogirisou | 2011-03-18 22:09 | 日々のいろいろ
<< 浜メグリ 2011春 「49日のレシピ」最終回 >>