カーブドッチですごす午後(近況)

 
a0023152_1023899.jpg

 4月が終わってしまう。ソメイヨシノの花の命は短かった。しかし今は
山桜が盛りだ。菜の花も見頃だ。行ってしまう春を満喫しなければと思う。

 29日午前中はいつもの通り、テニス部の活動でコートに出る。新入生と
悪戦苦闘。いつの間にか、一人前に打てるようになっている2年生が
うまく教えているのに感心する。
 午後、なんだか休みたくなった。角田山を見たくなった。天気がよい。
海の道を運転して、カーブドッチへと急いだ。カーブドッチはプチリゾート
を楽しみたい人でにぎわっていた。ここは数少ない新潟で成功した観光
スポットだと思う。
 そぼくなワイナリーから出発したのだが、レストランが出来、ガラス工房
が出来、結婚式も挙げられるようになり、音楽会も楽しめるようになった。
パン屋ができ、後藤牧場のアイスクーム屋「ごとらって」が入り、別の経営
者ワイナリーとピザ屋ができた。そして、2年前には温泉施設「ヴィネスパ」
が開業、今春は食品を売る「マルシェ」がオープンした。角田山のふもとの
ブドウ畑を見ながら、食事をしたり温泉につかったりしていると、ぜいたくな
時間をすごしている実感をあじわえる。敷地内はゆったりとした風景で、
ねこがのどかに遊んでいる。
 私は風景を見るためだけにここに来ることがある。それもOKだ。
 本当にこの一ヶ月疲れたなあと思う。突っ走った一ヶ月だった。
 そして「節電」に迫られた一ヶ月だった。いかにこれまで電気に依存して
きたかを痛感する。   
 さて、これから私はどこへ行くのか。流されている毎日である。
 最近思うのは、意識的に「休む」ことが必要だということだ。充電しないと
次に進まない。長続きしない。切り換えができなければ生き続けられない。
[PR]
by nokogirisou | 2011-04-30 10:20 | 日々のいろいろ
<< 『シュガータイム』と『サマータイム』 『レインツリーの国』有川浩 >>