本日の夕日

 今日の日本海に沈む夕日はすばらしかった。

虫の知らせか、今日は夕方小針浜の「ポセイドン」に
行った。潮の香りがなつかしい。ここにくるのは約一年ぶりか。
近所にこんな隠れ家があることを嬉しく思う。
ポセイドンは5月から10月までしか営業しない。浜辺の
レストランだ。マスターは冬の間、世界を旅しているのだ
ろうか。店内には世界の浜辺の砂や夕日の写真が展示され
ている。それ以外にも店内に不思議な異国情緒ただよう品物
が物語りのように飾られている。

 到着した頃はまだ、太陽は高い位置にあったが、本物の
ジンジャーエールを飲んだり、マメのサラダやうにのソースの
生パスタを食べたりしているうちに、夕日らしくなってきた。
カメラを忘れたので、刻一刻と自分の目で確かめることにした。
しかし、それがよかった。目はカメラのレンズに勝る。テラスに出る
と目の前が海だった。夕日の色が濃くなり、最後は透明感が出てき
て佐渡に沈んだ。ドラマの1シーンのような夕日だった。

 時の流れの速さを感じる。このお店にもう何年通ってきただろう。
私たちが年を重ねるのと同じようにマスターも年を重ねているのだが
少しも変わっていないように見える。
 新潟に住んでいてよかったと思えるひとときだった。
[PR]
by nokogirisou | 2011-06-19 00:02 | 日々のいろいろ
<< 右腕の筋肉 『手紙屋』喜多川泰  ディスカ... >>