コクリコ坂から

 7月16日初回の「コクリコ坂から」を見にいった。
あまり予備知識なく、ふらっと映画館に入ってみたのだが、
宝物をそっと手渡されたような、ほんわり幸せな気分になる
映画だった。
 私はジブリの細部を丁寧に描くやり方が好きなのだと思う。
そしてジブリの映画に出てくる建築物が好きなのだと思う。
今回の明治時代からの洋館だというコクリコ荘も、港南学園
の部室棟であるカルチェラタンも魅力的な建物だった。そして
この映画に描かれている日常生活とあの頃の「昭和」の空気
がとてもいとおしかった。
 1963年には私は生まれていないが、この高度成長期の
活気と青春の雰囲気は懐かしい気がしてしまう。そして坂本九
の「上をむいて歩こう」の挿入がとてもぴったりだった。

 母の長期の留守の間下宿人たちのご飯を作り、家を切り盛
りする松崎海は、最初から魅力的な少女だった。理想的な女性
だと思う。だからこそ、彼女が泣いたり母に甘えたりするシーン
はどきどきする。
 一方、カルチェラタンの住人で派手な活動家で新聞部の風間
俊は、初めガキ大将というイメージだったが、しだいに好青年に
見えてきて、だんだんこちらも恋してしまいそうになる。

 そして、ここに描かれる高校時代、高校生活がすばらしい。
全校生徒でこんなに熱くなること、一緒に活動すること、語ること
歌うこと、今はあるだろうか。大人たちの都合と規制という限られた
条件の中で行事を企画することしか許されていない今の高校生が
ちょっとかわいそうになる。

 私の知らない船乗りの生活や朝鮮戦争の影響など、もっと知りたい
ことがたくさん湧いてきた。とにかく俊と海の希望を暗示する終わり方
でよかった。いい映画だったと思う。宮崎吾郎さん、だいぶ苦労された
のだろうと思う。苦しんでじたばたしないと、人の心に残る作品は生まれ
ない。地味でノスタルジックだけれど、この作品は本当によかった。
[PR]
by nokogirisou | 2011-07-17 14:11 | 映画
<< 学校図書館の抱える問題 『手紙屋 蛍雪編』喜多川泰 >>