今年のお盆

a0023152_22515716.jpg

 14日は墓参り後、親戚が集まって、岩室温泉にでかけた。
温泉なんてぜいたくである。職場の慰労会や送別会で、岩室温泉
を利用したことはあるが、個人で岩室温泉に遊びに来たことはない。
まして「ゆもとや」は初めてだ。なかなか立派な宿であった。玄関
の池の鯉が見事で、それだけでもわくわくした。
 ところで昼間の温泉宿はしずかで、穴場である。宿泊客は
朝のうちにチェックアウトして出かけてしまい、夕方まで館内
は昼食を食べにくるお客くらいしかいない。温泉は一族で独占
状態だった。岩室の温泉の湯はなかなかよかった。自然と一体感
を味わえる露天風呂も心地よい。こんなところでのんびりしていて
よいのだろうか…と貧乏性の私は不安になってしまった。

 お座敷でのお食事は、魚が美味だった。のどくろは脂がのっていた
し、さしみは舌の上でとろけた。鯛のしゃぶしゃぶは初めてだったが
これもいけた。次に出てきたなすとえびの揚げ物も香ばしく、どこの
産のお肉かわからなかったが牛肉はあぶらっこくなくやわらかく食べ
やすかった。つけあわせの夏野菜も歯ごたえがあってなかなかよい。
 しかし何より、白いご飯がおいしくで、ばくばく食べてしまった。
 米がおいしいことがありがたいとこのごろよく思うようになった。
 今年も新潟で無事においしいお米がたくさんできますように。 

 そのあと昼寝をして、(私はもったいなくて起きていたが…)コーヒー
をいただいて…
その後バスで自宅に帰るところが、我が親戚らしい。今回頼んだのは
宿泊客のいない時間帯に食べて風呂にはいるプランだった。 
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-16 22:52 | 日々のいろいろ
<< 家宝と豆煎坊のデート アニマシオン勉強会 >>