家宝と豆煎坊のデート

 今日は年の若い友人、えいさんとランチデートだった。
お互いに午前は仕事で、どたばたと1時に待ち合わせ。
なんだかんだと長いつきあいになるえいさん。働く女性
として、かっこいい人だ。彼女の話がおもしろいので、
私は、彼女と会うことが楽しみになっている。仕事関係
以外に、友人を持っていることは財産だと思う。
 まず、彼女の観察力と歯に衣きせぬ(深い思慮と遠慮
はあるが)もの言いに圧倒される。本当によく見ているし
よく考えているなと感心する。話はつきない。
 今日の彼女のコンセプトは中国だった。なぜか。中華
料理が食べたいというので、西新潟の「家宝」に行った。
女性向きのセットで、ちょっとずついろいろな中華が並ぶ。
店内は中国を感じさせる雰囲気で、ついたてでテーブルが
しきられているので、おしゃべりな私たちにはもってこい
だった。しかし残念ながら、ここは二時半に閉店。
 あわてて私がいつも珈琲を買いに行く「豆煎坊」に移動
した。昔ながらのコーヒー店だ。店内はさまざなな年代の
お客で混んでいた。
 えいさんは、たくさんある珈琲メニューの中から、迷わ
ず中国珈琲を選んだ。この店で中国珈琲を頼んだ人を私は
初めてみた。「うーん、おいしい。お茶の味に近いような」
なるほど。私は濃いウーロン茶を想像した。ちょっと違う
だろうが。私はモカ・ジャバフレンチロースト。こくがあり
深い味わい。
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-20 19:46 | 日々のいろいろ
<< 情報は飛び込んでくる 今年のお盆 >>