情報は飛び込んでくる

 「豆煎坊」にはコンサートやリサイタルのポスターが
たくさん貼ってある。
 なにげなく眺めていて、私は横山幸雄の新潟でのピアノ
リサイタルのチラシを見つけた。え?まったくノーチェック
だったことを恥じた。ホームページを頻繁に見ていたつもり
だったが…。
 昨年の5月4日のショパンピアノソロ連続166曲コンサ
ートの模様をテレビ録画で聴いて以来だ。その後の彼の演奏
には興味があった。リサイタルは8月28日だ。まだ間に合
う。もし豆煎坊に来ていなかったら、私はこの情報をしらず
にいたかもしれない。求めていれば、必要な情報はやってくる
と私は信じている。迷わず、私は「りゅーとぴあ」にチケット
を買いに急いだ。
 ある演奏家を好きになるというのは、不思議な心理だ。
どんなにうまいと言われる演奏家にも、どんなにルックス
のいい演奏家にも全く食指が動かないこともあれば、ある日
突然夢中になることもある。たまたま、出会った演奏にそっ
こんファンになることもある。
 横山幸雄というピアニストは、私にとってまだ未知な部分
があるので、気になる。手放しでファンだとはまだいえない。
しかし、新潟にきてくれるならぜひ聴いてみたい。
 私はつぶのそろった、しかし無表情ではない、クリアな
ピアノの音が好きだ。さて、28日の演奏はどうなるのだろう。
夏の終わりで、気持ちがめいっていたが、一気にテンションが
高まる。なんと単純な私。
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-08-20 20:05 | 音楽
<< 横山幸雄ピアノリサイタル 家宝と豆煎坊のデート >>