『星間商事株式会社社史編纂室』三浦しをん著筑摩書房

 
a0023152_991642.jpg

 司書のKさんがfacebookで紹介していたので、手に取った。
これまた一気に読んだ。小説を一気読みは久しぶりだ。三浦
しをんという作家の筆力もまたなかなかだ。読ませる。
 この本は読みながら、思わず声を出して笑ってしまう。人前
では読めない。
 私は、中島梓の闘病記を読んでいるときに初めて「やおい」
という言葉を知った。それまで知らなかった物知らずである。
中島梓が「もっとやおい書きたい」と書いていたので、思わず
調べて、おどいた言葉である。「腐女子」という言葉もその時
知った。その学習がとても生きる読書となった。
 主人公川田幸代は腐女子である。これがなかなかかっこいい。
彼女はオタクなのだ。オタクの生態に俄然興味がわいた。オタク
の世界と社史編纂室が関係が絶妙である。そして幸代と恋人の
洋平との関係もなかなかいい。
 はじめは、まったり、ゆるゆる、情けない職場である星間商事
株式会社社史編纂室が、なんと裏社史を書くために一致団結し、
緊張感あふれて楽しい職場になっていくのである。(しかしこんな
ふうに書いてしまっては身も蓋もないか。)
 この小説のおもしろさは、星間商事の過去の秘密が明らかになっ
ていくことでもあるが、それ以上に登場人物ひとりひとりがとても
リアルに存在を持って書かれているところが魅力だ。まるで彼らが
実在して本当に動いているかのように思われる書き方だ。また幸代の
心のうちもなんだけ手にとるようにわかる。そして登場人物みなが、
この小説の中で、ある種の変化を遂げていくのである。
 読後感は爽快。読書は楽しい。
[PR]
by nokogirisou | 2011-09-10 09:09 | 本と図書館
<< blogを書き続けること 『困ってるひと』 大野更紗著 ... >>