一箱古本市inオギノ通り祭り

a0023152_15492138.jpg

 今日はお祭り日和だった。
オギノ通りはなかなか本格的な市場になっていた。
古本だけでなく、カフェらしきものもあり、音楽あり
雑貨や手作り品、アクセサリーなども売っていて、
楽しい雰囲気である。京都からきて出店しているお店
もあった。一箱古本市というのはなかなかおもしろい
イベントだ。古本屋の片隅にあったときには魅力がなく
ても、市場の箱にちょこんと置かれると急にいとしげ
に見えてくる本たち。
 ただ、事情があって私が現場に到着する時間が遅か
ったため、目玉の本はだいぶ売れてしまった後であった。
いいなと思う本にはことごとく「非売品」の札がついて
いたのだ。谷川俊太郎の本、ずっと探していた絵本など
見つけたときはうれしかったが、購入できず。
まあ、いい。また来年もあるといいのだが。北書店の
アイディア、なかなかすてきだ。
 
[PR]
by nokogirisou | 2011-10-16 15:49 | 本と図書館
<< 弥彦野外アートギャラリー 本のソムリエ来県! >>