急激に時間をさかのぼり今にいたる

 facebookのおかげで、私は一気に高校時代の友人たちと
つながった。卒業後おそらく一度もお会いしていない人たち
がほとんどなのだが、4半世紀ぶりにつながるというのは
ふしぎなことである。知らない、4半世紀をかかえたまま、
今を知り合う。それぞれの方たちが、年は重ねているけれど
昔とそれほど変わらない人間性のまま、それぞれの空間で活
躍している。facebookがなかれば、おそらくずっと再会す
ることなく、知ることもなくいたのだろう。
 とっても久しぶりに卒業アルバムなどを出してみるのだが
なんともそこに映っている時間はセピア色で、とんでもない
昔に見えてくるのだ。あの時、私は暗くて、かたくなで、せ
っかちだった。どうしてもっと青春時代をのびのび楽しめな
かったのだろうと思う。
 
 そんなことを考えていたら、小学校、中学校、高校が一緒で
今は同業という、これまた希有な関係の先輩とお会いすること
になった。大学時代をのぞいて、子ども時代からずっと知って
いる人とつきあいが続いているというのもめずらしいことだ。
 今の話も昔の話も通じるというのは、けっこうおもしろいこ
とだと気づく。出身地の話も東京の話も新潟の話もできる人と
いうのはめずらしい。とにかく会うときは、いつもおしゃべり
が怒濤のように続き、話題が尽きない。私の読書傾向は彼女の
影響によるところが大きいし、旅の話も映画の話もとまらない。

 今日、声が出ないのは、昨日一日中声も出ないのに、先輩との
おしゃべりに興じていたからだったとはたと気づく。

 人と人との関係。昔からの関係もあれば新しい関係もある。
 面と向かって語り合える時間は限られる。対話は一期一会。
[PR]
by nokogirisou | 2011-10-23 21:46 | 日々のいろいろ
<< 読書指導ワークショップ 『バターサンドの夜』河合二湖著... >>