ふたたび風邪考

 前回の秋の風邪に懲りて、だいぶ用心し、食事等で免疫力を
つける努力をしていたのだが、月曜日からちょっと喉が痛く、
火曜日にテニスのレッスンをして、水曜日から風邪の自覚症状
が出てきた。こうなると、いつものおきまりのコースをたどる
しかない。あわてて,木曜日に職場近くの医者に駆け込んだ。生
姜湯を飲み、おとなしくしていた。しかしやはり咳の発作が始
まった。息が出来ない。しゃべることができない。ひたすら
苦しい。喉がかゆくて咳が止まらない。じたばたしているうちに
涙がでてきて、鼻をかんで、しばらくぜいぜいしているうちに
嵐は去っていく。職場の同僚も私の咳の発作の間はひいている。
この咳をし、こらえるには体力がいる。いつまでこの激しい咳に
堪えられるだろうか。
 あとは睡眠しかない。木金と早めに寝て睡眠をむさぼった。
前回の風邪よりは治りが早いような気がしたが、土曜日の東京行
きは諦めることにした。新幹線の中で咳の発作がおきたらたまら
ない。研修会場で咳が出たらたまらない。
 こうして、今朝は、センター試験受験生の応援にエネルギーを
費やし、午後は自宅でおとなしくしていた。逃した本日のブック
トークの授業の研究会はでかい。みなさんに迷惑をかけてしまった。
でもやはり健康に変えられない。
[PR]
by nokogirisou | 2012-01-14 20:55 | 日々のいろいろ
<< 俳句を始める NHK 大河ドラマ「平清盛」 >>