「子どもの読書活動を考える国際シンポジウム」その2

「子どもの読書活動を考える国際シンポジウム」の話題のつづき。
 興味深かったのは、アメリカもフランスもドイツもそれぞれPISA
の結果に危機感を覚え、対策は政策を考えていることだった。読解力
の低下に慌てているのは日本だけではなかったのだ。

 アメリカの教育省によって示されたリテラシーに関する教育科学法
は5つの推奨点を挙げているが、これは日本も参考にできるのではな
いか。
 1)生徒が自身のゴールを設定するのを援助する
 2)生徒に洗濯を与えることによって学習のコントロールを共有
   させる。
 3)本からの学習における協働のセッティングをする。
 4)リテラシーを日常生活と関連づける。
 5)読書が世界を理解するのに役立つものとなるように学習内容
   のゴールを設定することを援助する。

 フランスでは読書を単に「本を読むこと」「娯楽として本を読むこと」
ではなくビジネスや、社会参加や生きる上で活用するために行うものだ
と強く考えられているのが特徴だ。そのためのスキルを学校で教える
必要があると考える。
 スキル1 テーマの妥当性を評価する。
 スキル2 情報の質と信頼性を評価する。
 スキル3 情報源全体を統合する。
 これらの高度なリテラシースキルを教えるためにリテラシープロ
グラムを実践する必要があると考えられ、実践が進んでいる。


 ドイツでは、15歳児のPISAの達成度が平均以下であったため
この10年で、読みの創造活動、読みの戦略活動が行われてきた。
 1)音読方法
 2)多読方法
 3)読みの戦略訓練
 4)読みの活動
 5)文学の授業
 この中で、ローズブロック博士は読みの流暢さを促進させる
 取り組みについて詳細に発表された。読みの流暢さが文章理解
を助けるという。読みの流暢さの促進のためにどのような方法を
とるかというと、多読法と音読法だった。「流暢な音読をタンデム
(ペア)で練習する」という方法がとても効果があるという。
協力しあうことで読みのモチベーションが高まり、確実に流暢に
音読できるようになるよいう報告があった。
 
 さて、日本は…。秋田先生、根本先生から具体的な報告があり
なるほどと思った。しかし施策はどうだろうか。

新学習指導要領の改訂のポイントによると「読書の指導については,
読書に親しみ,ものの見方,感じ方,考え方を広げたり深めたりする
ため,読書活動を内容に位置付ける。」とあり、日本の読書指導に対
する取り組みはまだまだ情緒的で甘い気がする。もっと丸ごと本を
読み、批評する力をつけていかないと、社会に出て使える読書力には
ならないのではないだろうか。
[PR]
by nokogirisou | 2012-03-29 02:17 | 本と図書館
<< アンドレイ・ガヴリーロフのラフ... 「子どもの読書活動を考える国際... >>