ラ・フォル・ジュルネ新潟2012 4/28

 
a0023152_2251275.jpg

 今日は14時すぎに仕事を終えて、家に車をおいて「りゅーとぴあ」に
向かった。ひさしぶりに散歩した。歩くというのはこんなにも楽しいこと
なのかと思う。私だけでなく散歩している人が多い。今日はぽかぽかよい
天気で散歩日和。
 桜やモクレンが末期であること。道ばたのたんぽぽが綿毛になっている
ことを発見する。
 会場は人であふれていてお祭りの雰囲気だった。外国人のお客様もけっこ
ういる。まずは交流ステージで、テルムカルテットによるロシアンミュージック
を聞く。ロシア独特の民族楽器を楽しそうに弾く楽団たちがうらやましい。
 それから劇場で鍵冨弦太郎のヴァオリン演奏を聴く。
 プロコフィエフの5つのメロディとヴァイオリンソナタ2番、そしてラフマ
ニノフのヴォカリーズ、アンコールは5つのメロディから4番。
 予習のギドン・クレーメルとはまったく音色が異なり、おもしろかった。
若々しい演奏だったというべきか。
高音部はとても繊細でのびやかで、低音は豊かなひびき。力強さもあるが
しなやかな演奏で、特にソナタ2番はよかった。ソナタの2楽章終了後に
チューニングをしていたが、その後とくに調子が上がってきた気がする。
 ピアノは宮崎若菜。長崎出身のかわいい学生ピアニストだが、二人の
息は合っていて、互いに信頼しあっていることがわかる。
 アンコールは高音がとても美しくうっとりした。少しずつ、確実に鍵冨
弦太郎は成長していると私は感じたのだが…。
 
[PR]
by nokogirisou | 2012-04-28 22:43 | 音楽
<< 新潟 「旬庭」にて プロコフィエフヴァイオリンソナタ >>