新潟 「旬庭」にて

 私が気に入っている新潟のフレンチのお店「旬庭」に若き友人が
予約をとってくれたので、ラ・フォル・ジュルネの終了後向かった。
新潟市民芸術会館「りゅーとぴあ」から白山公園を抜けて、上古町を
歩いて、西堀へ。この散歩がとても楽しい。しばらく来ないうちに
上古町はとても魅力的な通りになっていた。小さい新しいお店が
たくさん出店し、歩いている人も増えていた。和装関係のお店、
古着のお店、麹の店。もちろんなくなってしまったお店も良店も多
いのだが。一方、柾谷小路を越えて下に向かうと、急に空き店舗が
多いことが気になる。「テナント募集」の看板がむなしい。
 
 さて、「旬庭」に到着。ドレスアップした友人とともに店内へ。
シェフやギャルソンの感じのよい挨拶にむかえられる。
 食事とおしゃべりがすばらしくて、まったく写真など撮っている
暇とタイミングがない。

 1 タマネギのムース
 2 サーモンのマリネ
 3 かぼちゃのスープ
 4 真鯛のポワレ
 5 宮城産牛肉のヒレステーキ
 6 自家製パン
 7 ハーブティとデザート(いちごのロールケーキ
   チョコレートケーキ ヨーグルトのソルベ)

 グラスで赤ワインをいただいたが、これもまた美味。
バランスがよく、カベルネの香りが心地よい。満足、満足でおなか
もちょうどよい。こういうお店が新潟にあることをほこりに思う。
 連休初日、ちょっと贅沢、大変充実していた。新潟観光をした気分。
 
[PR]
by nokogirisou | 2012-04-29 04:02 | 日々のいろいろ
<< ラ・フォル・ジュルネ新潟201... ラ・フォル・ジュルネ新潟201... >>