永遠とともに

 いつだったか土曜日に教育テレビをみていたら「みんなのうた」をやって
いた。食事中だったが、おもわず、箸を置いてしまった。
 それがコブクロの「永遠にともに」という歌だった。
 今日、思い立って「MUSIC MAN SHIP」を借りてきた。
3曲目にその曲があった。最初のピアノが心に入り込んでくる。

   共に歩き 共に深し 共に笑い 共に誓い
   共に感じ 共に選び 共に泣き 共に背負い
   共に抱き 共に迷い 共に築き 共に願い

 ここがさび…

 おいおいなーんだ。結婚式の歌か?
 でもそうと限定しない方がいいような気がする。
 
   偶然という名の運命 そんな出逢いだからこそ
   何気ない瞬間を 今日からは かけがえのない瞬間に

 ここら辺は字で読むと陳腐な感じ。音楽があるといいのだが、

   ささやかな幸せが 木漏れ日のように
   やわらかに降り注ぐ そんな日々を描きながら…

 ここはいいな。私も幸せは「木漏れ日」くらいがいいと思う。
あまりさんさんと照らされると居所がなくなる。冬の新潟のように
毎日灰色の空も哀しくなる。
 ささやかな木漏れ日のような幸せが何よりもありがたい。
[PR]
by nokogirisou | 2005-01-12 21:34 | 音楽
<< 梶井照陰写真集 「NAMI」 ... 『評論家入門』 小谷野敦 >>