読書週間

 なぜ読書週間があるのだろう。よく「本なんて読まなくても
生きていける」などと言われる。それに対して、日本アニマシオン
協会の理事長の黒木秀子さんは、「本を読まなくても生理的には死
なないが、知的には『死』である」と主張する。
 本を読むということが推奨されるのは、人間には言葉を用いた
知的な刺激が必要だということを、誰しも感づいているからだろう。
 もちろん、本を読んだからといって、かしこくなるわけでもない
し、いい人になるわけでもない。薬にもなるが、毒になることもあ
りうる。また誰にとってもいい本などというものはなく、ある人に
とって旬な本、必要な本が存在するだけなのだと思う。

 本を読むといっても、本当にさまざまだ。子どもが絵本を読んで
もらうこと、児童書を1人で読むこと、大人が実用的目的で情報集め
のために本を読むこと、楽しみのために文芸書やミステリを読むこと、
趣味の勉強のために専門書を精読すること、学生がレポートのため
に調べ読みすること、速読多読すること、あるいは、読書会のため
にスローリーディングをすることまで、いろいろシチュエーション
が考えられる。
 読む本の種類から読み方まで多様で、「読書」とひとくくりにする
のはちょっと無理があるかもしれない。それでも「本を読む」という
行為は共通だから「読書」とよぶ。
 どんなに読みたくてもきっかけがないと本を読めない、本と出会え
ないという人がいる。忙しくて、なかなか読む機会を得られない人も
いる。もちろん、本など見たくもないという人たちも必ずいる。それ
も仕方のないことである。読書週間は無理強いするものではない。

 またこれをチャンスに本を売りたい人もいる。本を貸したい人もいる。
多くの人に「読書」に意識的になってほしいから、「読書週間」が生ま
れたのだろう。
 
 さて、耐震工事のため4ヶ月間休館していた職場の図書館がいよいよ
11月5日にリニューアルオープンする。読書週間とかぶせて開館記念
イベントを行う予定だ。日頃なかなか脚が向かない生徒のみなさんに
来てほしい。大義名分としても「読書週間」はありがたい、必要なのだ。
 
[PR]
by nokogirisou | 2012-10-30 21:13 | 本と図書館
<< ももくらワークショップ 学校図書館教育研究会2012年度大会 >>