ももくらワークショップ

 バックアップ3Lの高森美紀子さんとセラピスト寺島幸優さんの企画された
「ももくらワークショップ」に参加してきた。
これはゲシュタルト療法学会・理事長百武正嗣氏と再決断療法家の倉成央氏の
2名のコラボによるワークショップだ。会場は新潟市北区、豊栄の福島潟の
菱風荘。今日は天気もよく、野鳥観察の人や野外炊飯をする人たちで賑わって
いた。
 私は、心理療法はまったくの素人で職場の研修で交流分析とカウンセリング
をちょっと学んだ程度だ。高森さんとの出逢いのおかげで、心理療法のワーク
ショップに関心を持ち続け、ようやく今回、念願のゲシュタルト療法のワーク
に参加することができた。
 まず、老若男女、職業も立場もさまざまな人間が集まっていることに刺激を
受けた。すべて知らない人ばかり。そして、ワークを体験し、シェアリングす
るというワークの方法にも新鮮さを感じた。ワークのあとにみな気軽に手を上
げ、今見た、ワークについて感じたこと、気づいたことを発言していく。シェ
アのあとに、質問の時間が別にある。
 今回は、感情を重視するゲシュタルト療法と、理論と手順を重視する再決断
療法を同時に体験することができ、それぞれの違いと特徴を学ぶことができ、
大変興味深かった。勉強になったというよりも、私はとくに百武先生の魅力に
すっかりひきこまれた。決して愛想がいいわけでもなく、とっつきやすいわけ
でもない。ちょっとこわい雰囲気の先生なのだが、ときどき冗談を言いながら、
本質的なことを語る。ワークの進め方がすばらしい。日ごろどれだけ自分が
理屈にふりまわされているかに気づいた。人のワークを見ながら、自分自身の
気づきがあるところがおもしろい。
 思うところの多い一日だった。
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2012-11-03 22:30 | 日々のいろいろ
<< 【学びの技】玉川学園 読書週間 >>