この不安感は何か

 2013年を迎えて、年賀状が届いた。
一枚一枚眺めながら、その人との距離感を考える。
一年に一度、この便りでしかつながっていない人。
年賀状を出す直前までいっしょにいたような日常的
にとても親しい人。かつての職場の同僚、親戚。
もうやりとりをやめようかどうしようかと迷う人。

必ずしも、年賀状のやりとりをするしないということ
とその人との関係の深さは関係ないのかもしれない。

賀状を眺めながら、そのひと言にほっとすることも
あれば、何も手の文字が添えられていない沈黙に
不安になることもある。
 
 年賀状のやりとりも、メールのやりとりも疎遠だが
自分にとって大切な人がいる。勝手にこちらは、尊敬
したり、気に掛けたりしているけれど、相手はいったい
どう思っているのかわからない。そういう関係もある。

 それには耐えなくてはいけないと思っているのだが
ときどき、どうしようもない不安や喪失感うぃ味わうこ
とがある。やはり、直接会うこと、コミュニケーション
をまめにとることの必要性を感じる。

 来る者は拒まず、去る者は追わず。人間関係とは何なの
だろう。 
 
[PR]
by nokogirisou | 2013-01-04 22:00 | 日々のいろいろ
<< 久しぶりのテニス 雨の大徳寺高桐院 >>