『舟を編む』をレイトショーで観る

 石井裕也監督の『舟を編む』を観た。
原作に忠実に作ることで成功している映画だと思った。
舞台は1995年から2010年。15年の人と、ものの変
化が、とても丁寧に描きこまれている。たとえばパソコン、
たとえば携帯電話。飲食店の雰囲気。家財道具。人の服装
髪型、表情まで。1995年の世界はとても懐かしかった。
 玄武書房の辞書編纂部の雰囲気が私のイメージする
出版社の辞書編集部そのものだった。カードに用例を
書き込む加藤剛が扮する監修者松本の姿は、私のかつての
恩師とも重なる。言葉へのこだわりなくて辞書は編めない。
 言葉のプロとは何か。少なくとも、辞書編集部に異動し
てきた馬締光也は、言葉を愛し、言葉を説明しようとする
プロだった。たとえコミュニケーションが苦手であっても。
その彼も個性的な編集者や、下宿屋のタケや香具矢とかか
わりながら、コニュニケーション能力をあげていく。
 辞書づくりの苦労は、何度となく聞かされてきた。私
の学生時代がちょうど中型国語辞典出版の最盛期で、無理
をして買って眺めていた。紙の辞書への愛着が忘れられない
世代である。あの紙のぬめり感というのもよくわかる。

 辞書編纂の苦労がリアルに表現される一方、この映画の
魅力は、馬締と香具矢の夫婦愛の描かれ方だ。互いをずっと
大事にし、それぞれが自分の仕事を大事にする姿は、理想でも
ある。
 互いが互いの仕事ぶりに敬意を抱いているところがいい。
うそっぽくない夫婦の感じを松田龍平と宮崎あおいが
うまく演じていた。
 また加藤剛演じる松本先生と八千草薫が演じる妻との夫婦愛
もとても丁寧にリアルに表現されていた。役者はすごい。
 見に行ってよかったと思える映画だった。
 
[PR]
by nokogirisou | 2013-04-29 01:05 | 映画
<< 『図書館戦争』をレイトショーで観る ラ・フォル・ジュルネ新潟2013 >>