八一の歌

  弓の歌を探していたら、八一の歌に出会った。


  みとらし の あづさ の まゆみ つる はけて 
                 ひきて かへらぬ いにしへ あはれ


              (みとらしの梓の真弓弦はけて引きて帰らぬいにしへあはれ)

  あらためて八一の奈良の歌をよみかえすと
  そのすごさに圧倒される。
  ひらがなの力も。
[PR]
by nokogirisou | 2013-06-23 03:16 | 日々のいろいろ
<< 自動思考について 李徴の相手 >>