イエスタディ  村上春樹

  「文藝春秋」の12月号に「ドライブ マイ カー」という短編が
掲載されたが、今月の「文芸春秋」にも「イエスタディ」という短編
が掲載されていた。「女のいない男たち2」とあったので短編連作
らしい。2か月も連続で月刊誌を購入してしまった。

 愛し合っていても結ばれることのない恋愛がテーマなのだが
繰り返し村上が描いているテーマであることに気づく。そして
やはりここには、男の友情が絡んでくる。いや、前半は僕と木樽と
の関係を中心に描きながら、後半一気に木樽とえりかの関係が
浮かび上がってくる。
 村上の描く男と女は、あまりにも精神的に結びつきが強すぎる
と肉体的に結ばれにくい。互いを大事に思うがゆえに、離れ離れ
になることが多い。
 そして、この小説のおもしろみは、関西と関東の文化の対比
がところどころ登場することろだろうか。
 関西の文化を後天的に本格的に学ぶというのは興味深いこと
かもしれないと思った。過去にそれを試みた文学者は存在する。
私にとっては、関東の文化以上に関西の文化は異文化である。
この年になってもしらない関西について知らないことがあまりに
多いことに驚く。
 この小説のタイトルのつけ方は短編小説的で一見わかりやす
く、実は意味深だ。「イエスタディ」。
 いかにも村上春樹的な短編だという印象を受けた。
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2013-12-30 22:56 | 本と図書館
<< チェリスト横坂源 リサイタル 『天翔る』村山由佳著 講談社 >>