ミュージアムコンサート 横坂源

 
a0023152_152332.jpg

 新潟市美術館は今「ニイガタクリエーション」をやっている。
新潟出身のアーティストを紹介する企画だ。アートだけでなく
音楽でも活躍する新潟出身の若手を紹介するというコンセプト
で今回のコンサートは企画されたらしい。
 新潟市西区出身の横坂源さんのチェロコンサートだから
聞き逃せない。今日は、開演の一時間前から美術館につめた。

 美術館の2階の講堂が会場のため、入場できるのは80人。
今回は無伴奏のチェロ曲ばかりを集めた興味深いプログラムだ。

 ヨハン・セバスチャン・バッハ 無伴奏チェロ組曲第4番プレリュード
 ウジューヌ・イザイ       無伴奏チェロソナタ
 黛敏郎              BUNRAKU
 ヴィルト・ルトスワフスキー  ザッヒャー変奏曲
 ヨハン・セバスチャン・バッハ 無伴奏チェロ組曲第1番
 パブロ・カザルス        鳥の歌

 演奏者と客席が近いので、チェロの響きが脚の裏からも
空気からも伝わってくる。また、今日は横坂さんが肉声で
チェロのこと音楽家の仕事のこと、曲のことをたくさん語っ
てくれた。

 音色という言葉があるが、今日は横坂さんが「色を変える」
とはどういうことかをフォーレの「夢のあとに」で実演してくれた。
弦のすべりぐあい、こすりぐあいで、音色が変わるのがよく
わかった。
 
 チェロ弾きの仕事を、三つの別の仕事にたとえながら紹介
してくれたのがおもしろかった。
 まずは職人のように練習する。正確な音を出すために毎日
職人のようにひたすら音を出す。
 次に、コンサートの日程が決まると、その日に向けて締め切り
に向かう漫画家のように、ひたすら調整する。
 そして、作曲家が曲にこめたメッセージを探偵のように探ると
いう。職人、漫画家、探偵…。
 
 バッハは、すでに横坂さんの血肉になっている曲のようだった。
自分の中にある音を力いっぱい紡いでいた。
 イザイのソナタは、3楽章とも魅力あふれる曲で好印象を
持った。
 
 おどろいたのは黛敏郎のBUNRAKUである。三味線や囃子や
義太夫が聞こえてくるかのようなおもしろい響き。
 木の部分をたたいたり、弦をはじいたり、こすったり忙しい。
しかしとにかくかっこいい曲だった。
  
  ルトスワフスキーのザッヒャー変奏曲はユーモアにあふれて
いた。ザッヒャーとは当時のパトロンだそうだ。

 カザルスの鳥の歌はむせび泣くような、悲しい音色だった。
 カザルスがいつも最後に弾いたという曲。
 昔FMでカザルスの弾く鳥の歌を聴いたことを鮮やかに思い出す。
 
 チェロという楽器はとても単純なつくりだと言っていたが、出す
音はとてもデリケートである意味微妙で、おなかに響いて記憶
する。もっとチェロの曲を知りたいと思った。
 また横坂さんが好きだというシューマンのチェロの曲を聴いて
みたいと思った。
 
 
[PR]
by nokogirisou | 2014-02-23 01:52 | 音楽
<< 大植英次のチャイコフスキー交響... 山田洋次監督「小さいおうち」 >>