Dr.可児

  白山さまのすぐ近くにあるDr.可児は、りゅーとぴあの行きかえりに
よく立ち寄るお店だ。手作り料理もビールもワインもおいしいが、とにかく
マスターとマダムがすてきな人なので、ついつい寄ってしまう。
 今日は、お店の真ん中でチェロを弾く方がいて、なんだろうと不思議
に思いながらおそるおそるお店に入ると、今日はチェロの教室のみなさん
の宴会だった。
 なんとマスターも10年前からチェロを習っているという。ピアノの上において
あったチェロはマスターのものだったのだ。全然知らなかった。今年は演奏会
を開くという。今日は「みあげてごらん空の星を」を演奏してくれた。びっくり。
かっこよかった。
 マスターのチェロの先生は堂々とバッハの無伴奏チェロ組曲2番をひいてくれた。
こんなに近くでチェロを聴けるとはなんとも幸せなことだ。
 チェロを聴きながら、食べたトマトとチーズのパスタが絶妙においしかった。
自分の町にこんなすてきな店があることをこの上なく幸運に思う。
[PR]
by nokogirisou | 2014-05-16 23:58 | 音楽
<< 本の絵を描くしごと クラリネットとチェンバロの出会い >>