『ギルバード・グレイプ』

 アメリカの映画の中で最も好きなもののひとつ。
ラッセ・ハルストラム監督の1993年の作品『ギルバード・グレイプ』
を久しぶりに見た。
 ジョニー・デップ扮するギルバードがなぜ魅力的なのか。
自分の夢がわからず、野心をもたず人妻と不倫をする若者。
知的障害を持つ弟のアーニーの世話と、父の自殺後過食症となり
肥満化してしまった母を見守ることに追われ、アイオワの町から
出ていけない男。状況だけ見れば少しもぱっとしないのに、観る
者はどうして彼を愛さずにはいられないのか。
 
 それはギルバードが愛を拒絶しないからだ。 
 面倒な愛、重苦しい愛、はかない愛。投げかけられる様々な愛
を拒まない。そして去る者は追わない。
 彼は、障害を持つ弟のアーニーも肥満で町の人に笑い者にされ
ることを恐れる母をも受け入れ、愛している。

 私たちも、なかなか人生思うようにはいかない。
 自由に行きたいところに行き、生きたいように生きられる人は
限られている。自分の運命はある程度受け入れねばならない。
だからこそ、ギルバードに共感してしまうのだろう。

  そういう彼をまるごと受け入れ愛するのが旅の女性、ベッキー
 だ。彼女はみんなが手を焼くアーニーをも自然に受け入れ大事
 にする。
 この映画では、もう一人、アーニーを演じるレオナルド・デカプリオ
からも目が離せない。迫真の演技だ。

 結末には予感がある。新鮮な世界への旅立ちの予感。だからこそこの
映画が好きなのだろう。
[PR]
by nokogirisou | 2014-07-27 23:07 | 映画
<< アンサンブルクライン 10周年 >>