コンポーザーピアニストフェスティバル2014

 辻井伸行、加古隆、レ。フレールの3組のコンポーザー
ピアニストが一堂に集い、競う、ライブに行ってきた。
会場のりゅーとぴあは3階席まで満席だった。

 ステージには3台のピアノが並んでいる。
 辻伸行はスタインウエイ、加古隆とレ・フレールは
ベーゼンドルファーを弾く。
 プログラムに曲名は書かれておらず、すべて本人が
ステージ上で紹介した。そのため、一部曲名不明である。
 
 生の辻井伸行の音色はやはり、すばらしかった。辻井の
「水の戯れ」の演奏をFMで聴いたことがあるが、音の輝
きと粒だちがとても印象的だった。しかし生の音色は、
それを超えて、本当にみずみずしくつややかだった。

 「神さまのカルテ」「はやぶさ」「マエストロ」などの
 映画のための作品を披露してくれたが、「はやぶさ」が
特に印象的だった。それまでの辻井作品とは異なる雰囲気
だと思った。
 「コルトナの朝」スイスを旅したときの曲。
「それでも生きてゆく」
 震災後、音楽は何ができるかを考えぬいて作った曲だと
いう。背中をまるめて弾く。
 最後は、新しいCDに収録されている、リストの
「ラ・カンパネラ」を熱演。ノリにのっている。
会場との一体感を感じているようだった。

 加古隆は、大人の雰囲気で登場。MCも落ち着いていて
とても聞きやすく、ことばが深い。
音楽に対する静かで挑戦的な姿勢にとても好感を感じた。
 さまざまなテレビ番組のために作曲してきたことを知る。
「ポエジー」
「白い巨塔」
ピアノ組曲「クレー」から2曲
NHKスペシャル「映像の世紀」のテーマ曲「パリは燃えているか」
 この曲のときの照明がとても効果的だった。
「少年時代」
(この次の曲のタイトルは失念)
映画「蜩ノ木」の秋谷のテーマ

 最後はレ・フレール。
 斎藤守也と斎藤圭土の兄弟のピアノデユオ。
 一台のピアノ、一台の椅子。
 4本の手で弾く。
 ピアノのプレイスタイルを研究し、チャレンジし続けている。
 楽曲は激しい。
 パフォーマンスがすばらしく、かっこいいので、客席は魅了される。 
 手拍子や掛け声も。
 「サムライ・ファンキー」
 「空へ」
 「キャトルマンのテーマ」
  あと3曲の曲名不明


 最後は、辻井も登場、即興の共演。のりのりだった。

 演奏会はこれで終わらなかった。
 すばらしいフィナーレが待っていた。
 加古隆の「黄昏のワルツ」を3台のピアノで3組の演奏家が共演した
のだ。これは感動的だった。
 3組の息はぴったりだった。
 スタンディングオベーションの嵐。

 興奮しっぱなしの演奏会だった。
 楽しいだけでなく、心ゆさぶられた。
 
 すでに夏休みはとっくに終わり、日常生活に疲れを感じていた
このごろだったが、この演奏会で、また明日からがんばろうという
気になった。音楽の力はすごい。



 
 
[PR]
by nokogirisou | 2014-08-29 22:26 | 音楽
<< 10年ひとむかし 「思い出のマーニー」(ネタバレあり) >>