小野田正利先生の講演会

演題は「子どものために手をつなぐ
~あらためて保護者と学校の関係づくりを考えて」
だった。
 長岡市三島地区でひらかれた小野田正利先生の
講演会を聴いてきた。
 小野田先生は、「モンスターペアレント」という
言葉を使わない。モンスターと言った瞬間に見えな
くなってしまうもの、きこえなくなってしまうもの
があるからだ。
親のイチャモンを教師がどう受けとめるか、どう聴
くかがとても重要になる。
 保護者と教師との間のごたごたは、「教師の理屈
と親の思い」ずれから生じていることが多いからだ。

 小野田先生は昨今の日本の状況をつぶさに観察し
ている。日本人は「待つ」ということと「他人にも
事情がある」という寛容性をいだくことができなく
なっている。そしてクレーム社会になってしまった。
いつのまに、こんなに満足基準、期待水準が高くな
ってしまったのだろうか。そのせいで、いたるところ
に予防線を張る現象が生まれてしまった。あらかじめ
つっこまれないように言い訳じみたことを言ったり、
書いたりする現象だ。
 小野田先生はこういう社会の中で、教育が「商品化」
されることを心配しておられた。
 教育とは子どもを自立させ自信をつけさせていく
ことだ。子どものすることには「わけがある」という
ことを前提に周囲の大人は見守り、関わっていかねば
ならない。教育はビジネスや商品化や即効性にはなじ
まない。他人の子も自分の子も大切に幸せにしていく
のが子育ての原点なのだ。
 
 小野田先生のお話を聴いていて、大人が本質を見抜
く力を失ってはいけないと改めて思った。現象や、
社会や政府の要求にふりまわされてはならない。
すべては人と人の関わりから始まる。 
 
[PR]
by nokogirisou | 2014-11-16 01:05 | 日々のいろいろ
<< 高倉健さん 10年ひとむかし >>