高倉健さん

 俳優の高倉健さんが亡くなったニュースは感慨
深かった。すでに亡くなって一週間が経過していた。
 私自身は高倉健の映画の熱烈なファンではなかった
が役者として彼はすっと気になる存在であった。
 その理由の一つがプロ意識がとても高い人だった
からだ。それはインタビューからも作品そのものから
も感じた。

 春に亡くなった義父は晩年に高倉健の映画を見たがり
私は、ビデオ屋を回ったり、DVD化された作品を
購入したりして父に映画を届けたことがあった。
なぜ今高倉健なのだろうと不思議だった。

 友人が映画「あなたへ」を見て、思うところがあって
竹田城を旅していた。人を旅にかきたてる映画に興味を
持った。竹田城が天空の城だと知って自分も行きたくな
った。

 職場出入りの書店員さんは高倉健が好きで、あるとき
「高倉健さんがお好きなんだそうです」と會津八一の歌
のメモを持ってきてくれたことがあった。座右の銘に
八一の歌とはおどろいた。 

 そんな小さな偶然が重なって、高倉健は心のどこかで
気になる存在になったのかもしれない。

23日日曜ロードショーで映画『あなたへ』を見た。寓意
やなぞがしかけられた、心の旅をする男の映画だった。
登場人物の魅力と登場人物たちの偶然と無骨な交流にひか
れていった。
 
 しかし最後までこの夫婦の愛の在り方は私にとっては
なぞであった。しかし、こういう夫婦の在り方もあるの
だろう。「さようなら」の意味が私には違う意味におも
われてならいのだが…。
 とにかく映画を愛した高倉健の最後となる205本め
の映画作品だった。
 
[PR]
by nokogirisou | 2014-11-24 00:56 | 映画
<< 高倉健と會津八一 小野田正利先生の講演会 >>