大人の遠足~図書館めぐり~

 昨年の秋以降、仲間と「大人の遠足」を続けている。
第1回は魚沼に電車に出かけ、六日町図書館と十日町情報館
を回った。初めて乗車したほくほく線が楽しかった。
十日町情報館では思いがけなくギターライブを聴くことができて、
わくわくした。図書館の様々な企画展示が魅力的だった。
第2回は新潟大学図書館とツルハシブックスの見学をした。
大学図書館が市民に親しまれていて、にぎわっていた。
ツルハシブックスには若い人たちが集まり、語り合っていた。
今話題のコンセプト書店。地下は20歳以下の若者しか入れ
ない。お昼はカレーで有名なクラシック喫茶カフェウエスト。
昔よく行った場所だ。懐かしかった。

 今日はあいにくの雨だったが第3回の遠足に出かけてきた。
まずは聖籠町図書館。新しくなって、とてもいい雰囲気に
なった。蔵書も魅力的。構造的にも理想的だ。ただ利用者が
少ない。日曜日なのに、子どもや若い人もいない。残念。
もったいない。

 次は水原中学校内にある、「水原中学校市民図書室」。
学校の中に公共図書館をつくるという趣向はこれから増えて
いくだろう。書架が高いのと本の並べ方がちょっと残念。
細長い構造で、カウンターから奥の閲覧室がまったく見えない。
しかし、部活帰りの中学生が立ち寄ったり、歩いて市民が
ふらっとやってきたりして、親しまれていることがわかった。

 3館目は新しくなった新津図書館。以前の暗くて重い雰囲気
から一新。とてもスタイリッシュでいい図書館になった。
書架にはLEDのライトがついている。書架はツートーンのデザ
インで新潟産の杉材を使ったデザインがいい。書架の脇のスツ
ールやベンチもおしゃれだ。
 郷土資料、非核資料、鉄道資料が充実している。子ども図書館
も絵本が探しやすく、にぎやかだった。そう、ここは利用者が多
い。
 館長さんが出てきていろいろ案内をしてくれ、図書館について
語ってくれたのもありがたかった。
 大人の遠足でリフレッシュ。明日からの仕事をがんばれそうだ。
  
[PR]
by nokogirisou | 2015-04-05 17:52 | 本と図書館
<< 村上春樹の言葉 久しぶりのblog >>