ザ・ビートルズ・アンソロジー2

 「リアル・ラヴ」から始まる。
ヨーコに託されたジョンの録音した「リアル・ラブ」
のテープをもとにポール、ジョージ、リンゴが仕上げに
のぞんだという。
 ジョンの録音は死の数ヶ月前、自宅のピアノ上のカセット
レコーダーで行われたもの。それを1995年に残された3人
が愛情と愛着をもって完成させた。
 そのエピソードを知らなくても、これは印象深い曲だ。
only to be alone
it's real love
ジョンは、愛にこだわりつづける。
 そして、イエスタディ。言い尽くされているけどやっぱり名曲。
7曲目と11曲目に2回入っている。涙が出そうになる。

 disk2は「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」のデモと
テイク1,テイク7が続く。これが私は強烈にひきつけた。
 いつか読んだQ氏の言葉がよみがえってくる…
 ひっかかったのはやはりこの部分。
 
 Always know sometaimes,think it's me
But you know I know and it's a dream
I think I know I mean ah yes
But it's wrong
That is I think I disagree
[PR]
by nokogirisou | 2005-08-03 06:08 | 音楽
<< ザ・ビートルズ・アンソロジー3...  ザ ビートルズアンソロジー1 >>