「読書からはじまる」長田弘

  夏には夏の忙しさがある。じっくり本を読むことがなかなかできない。
 いつだったか、図書館員である尊敬する女性から
 「この本に喜びと励ましをもらった。ぜひ読んでみて」と紹介された。
 すぐに求めて読んだのだが、その最後の一節が読みたくてふたたび
手にとってみた。
 
 すべて読書からはじまる。
 本を読むことが、読書なのではありません。
 自分の心の中に失いたくない言葉の蓄え場所をつくりだすのが、
 読書です。

 「自分の名かに失いたくない言葉」…これと出会いたくて私は本を読み
 人とあい、生きている。

 今日から東京・箱根に旅にいきます。
 すべての日常のごたごたから逃げ出す逃走の旅ですが、
 そこでもまた「失いたくない言葉」に出会えるようにと
 祈りながら旅立つことにします。
[PR]
by nokogirisou | 2005-08-06 05:56 | 本と図書館
<< 東京・箱根の旅その1 ザ・ビートルズ・アンソロジー3... >>