キャラメルボックス『鍵泥棒のメソッド』

キャラメルボックスの『鍵泥棒のメソッド』のビデオ&トークライブin新潟
に参加してきた。
 内田けんじ原作の映画で話題になった『鍵泥棒のメソッド』を
成井豊が舞台化した。2014年のスプリングツアーの演目だ。

 今回、新潟でビデオ上映(DVD上映)があると知り、りゅー
とぴあの劇場に行ってきた。
 生が命の芝居である。正直言ってあまり期待していなかった。
1コインで、この作品に興味があったので軽い気持ちで行った
だけだ。
 いや、ところが、キャラメルボックスのお芝居はDVDだと
いうことを忘れてしまうほど、臨場感あり、熱くて、面白かっ
た。「追い込み」がさすがだ。わくわくどきどき2時間半があ
っという間だった。
 つい見入ってしまい、何度も笑い、ひきこまれてしまった。

 好き嫌いはあるだろうが、私はキャラメルの舞台装置を気に
入っている。すべてアナログ。すべて人間の手で動かしている
が、とにかく場面転換がスムーズで舞台装置がリアルなのであ
る。暗転はなく、黒子ががんばる。
 それからキャラメルの公演にはかならずダンスがある。これ
が毎度楽しみである。また今回はダンスの音楽が印象的だった。
石田ショーキチというアーティストの曲だった。
 今回はホワイトキャストで、多田直人が桜井武史を、岡内美
喜子が水嶋かなえを演じていた。彼らはトークにも来ていたの
だが、かなり映画を意識して役づくりをしていたという。もう
一方の畑中智行と渡邊安理が演じるブラックキャストは映画を
気にせず、自分たちの個性だけで演じきったそうだ。この違い
を見てみたいものだと思った。

 トークで苦労話をいろいろ聞いたので、舞台の細部に注意し
て見たが、車の使い方、部屋のつくり方がリアルだった。
 銭湯のシーンで裸の役者の身体が濡れているというところは
わからなかったが。
 トークをしてくれた、多田直人さんと岡内喜美子さんがとて
も魅力的で、ファンになってしまった。

  11月28日29日の「BRETH」の新潟公演の宣伝もばっちり。
 もちろん私も次の新潟公演を楽しみにしている。
[PR]
by nokogirisou | 2015-09-23 21:16 | 日々のいろいろ
<< 学図研2015全国大会埼玉大会... レスパス弦楽四重奏団演奏会 >>