鍵冨弦太郎 Presents室内楽の調べ

10月29日りゅーとぴあ新潟市市民芸術文化会館能楽堂
で行われたレスパス弦楽四重奏団の演奏会を聴きにいっ
てきた。多国籍の作曲家の弦楽四重奏曲を楽しめた。

 第一部
グラズノフ:5つのノヴェレッテ作品15より
     「スペイン風」
モーツァルト:弦楽四重奏曲第18番イ長調K 464

 第二部
ハイドン:弦楽四重奏曲76番 ニ短調 
     作品76-2「五度」
ピアソラ:オブリビオン エスコラッソ

 レスパスとはフランス語で「空間」を意味する
という。
 今日は、第二部がすばらしかった。第一部のときと
演奏者たちの表情が違った。鍵冨さんが「五度」の
説明をしてくれて、この曲への興味が一気に増した。
実際に2本のヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの絡み
合いが織物のようにすてきだった。
 そして、ピアソラの演奏で4人の息がさらにぴった
り合った。ピアソラの音楽の懐の深さを感じた。
「オブリビアン」の哀愁は魅力的だった。まさに私
の好きな曲だった。
「エスコラッソ」は快活なのだが、これもまたいか
にもピアソラ的で、ずっと聞いていたい心地よさ。
 楽しい演奏会だった。
 
 レスパス弦楽四重奏団の演奏は、8月7日に角田
コミュニティ多目的ホールで行われたときも聴きに
いった。
 そのときはモーツァルトの弦楽四重奏曲18番
イ長調とラヴェルの弦楽四重奏曲ヘ長調の演奏だった。
ラヴェルの弦楽四重奏曲がとても新鮮で、ピチカート
が楽しくて、印象深かった。 

 今日の演奏を聴いて、レスパスがどんどん進化
していることを感じている。
これからも聴き続けていきたい。




 
[PR]
by nokogirisou | 2015-10-29 23:18 | 音楽
<< アクティブラーニングとタブレッ... 沢知恵 ピアノ弾き語りコンサー... >>