アクティブラーニングとタブレットと言語技術

 今日は国語の研究会があった。
いろいろな情報が一気に頭に入ってきて少し
混乱している。
 アクティブラーニングという言葉がとびかった。
「グループ学習や討議、発表という活動を伴うもの
だけでなく、本来生徒個々の頭の中をアクティブに
するものだ」という説明があったが、やはり、活動
の方に目がいく。実践発表も学習方法、授業形態を
中心にした発表になる。
 もちろん、みなさん、熱心に勉強され、授業を組
み立て、真摯に実践されていてすばらしい。
 けれども、授業は手法だけではないのではないか
という思いがよぎる。授業の目標があって教師の
抑制のきいた働きかけと、生徒の意欲をくすぐる
教材があって、生徒の主体的な活動がある。そして
次の学習につながる有効な評価があるという一連の
日常的な学びを私は大事にしたいし、それを深め
たい。
 タブレットや電子黒板、その他IT機器を使った
授業やテストも試みられている。ツールとして
IT機器は有効だと思う。使い方しだいでいい授業
になると思う。ツール使用は授業の目的ではない。
私は基本的に「国語」というのは実技教科だと
考えている。デジタルできれいなテクストや資料
を見ることができても、それで理解が進むとは
思えない。自分で手を動かし、頭を動かし、読ん
で書いてしゃべって聞いてという活動を繰り返さ
なければ、身につかない。本当の力にはならない
と考える。わかったような気にさせるのではなく、
自分でできるという自信をもたせるような授業を
めざしたいと思った。
 講演では、「つくば言語技術教育研究所」の
三森ゆりか先生のお話を聞いた。日本の国語教育
の問題点を指摘された。10年ほど前にも三森先
生のお話を伺って同じような指摘をうけ、刺激を
受けたが、改めて日本の国語教育が未だに変わっ
ていないこと、学習指導要領もあまり変わってい
ないことに気づき愕然とする。もちろん言語技術
を教える必要があるといわれ続けている。論理的
思考の必要も言われ続けている。けれども現場の
国語教育は、あまり変わっていない。もちろん高
校では、文学作品の登場人物の心情を読み取る読
解の授業ばかりしているわけでない。教員が一方
的に自分の解釈を語るような授業もほとんどない。
けれども言語技術が体系的に示されたり、カリキ
ュラム化されたりする動きがあると聞いたことが
ない。 
 論理的思考力の必要性は感じている。しかし、
具体的に論理的思考力をどうつけていったらよい
のかは手探りだ。問答ゲームをしたり、論理の型
を示して練習したりすることがあるが、結局は個
別の添削指導や生徒との対話の中で指導するのが
論理的思考力を育てる一番効果的な方法ではない
かと感じている。

 
[PR]
by nokogirisou | 2015-10-30 00:04 | 日々のいろいろ
<< グローバル時代のアクティブラーニング 鍵冨弦太郎 Presents室... >>