第70回新潟室内合奏団演奏会

 11月14日(土)18:45開演
新潟市民芸術文化会館(りゅーとぴあ)に聴きにいってきた。
第4回ウィーン・フィル&サントリー音楽振興祈念賞を受賞
されたそうで、最初に賞状授与のイベントもあった。

指揮は、まだ若い、東京芸術大学大学院に在籍中で様々な
楽団で指揮を務め、千葉県立柏井高校の吹奏楽部の講師も
やっている松川智哉さん。
弦楽器トレーナーが奥村愛の父、奥村和雄氏で、奥村門下
の弦楽器奏者が多数参加していた。
 
今回は、ハープ奏者の山宮るり子、ファゴット奏者の
エリック・メスマーというお二人のソリストが出演という
豪華なプログラムだった。

G・ピエルネ ハープと管弦楽のための小協奏曲op.39
  
A・ジョリヴェ  ファゴット協奏曲


F・メンデルスゾーン交響曲第3番イ短調 「スコットランド」op.56

アンコールは ラベル 亡き王女のためのパヴァーヌ


ハープの音色が圧巻。すばらしかった。
ファゴット協奏曲は現代曲でむずかしい曲だったが、とても安定した、
落ち着いたいい音色だった。聞きなれると不協和音が心地よくなって
くる。

 仕事を持ちながら楽団に入って活動しているみなさんに敬意を
 いだく。
[PR]
by nokogirisou | 2015-11-15 22:08 | 音楽
<< キャラメルボックス『BREATH』 グローバル時代のアクティブラーニング >>