「のだめカンタビーレ12巻」

 13巻が発売になったので、12巻を読み直す。
印象的だったのは、ムッシュー・長田の台詞と絵か。
「このあいだまで彼女は燃えたぎる生をピアノで爆発させて
いたのに!ただ地上に彼女を縛り付けるために羽根をもい
でしまうんだ!このままでは彼女は飛べない堕天使に成り
下がってしまう!」
のだめの演奏をイメージして作成した「ミミズをください」
油彩カンブァス54×64
 そこにはエサをもとめるひな鳥の壮絶な姿が生々しく
絵が描かれている。それはリストを弾いていたのだめ
「超絶エチュード、爆発するような自由な魂。」
 
  緊張が抜けてだらだらと甘いものを食べて漫画なんて読んでいる。
  気を張りつめて努力してきたことはなんだったのだろう?
 
 まあいいや。13巻よもうっと。 
[PR]
by nokogirisou | 2005-09-18 10:00 | 本と図書館
<< 「のだめカンタービレ13巻」 学園祭の季節 >>