「のだめカンダービレ」セレクションCDBook

a0023152_6101394.jpg
 
 クラシックのアンソロジーなんて邪道だ…などと豪語していたのだが
ついつい手にとってしまったセレクションCD。
 「のだめカンタービレ」の中に出てくるクラシック名曲の中から、10曲を
ピックアップして編集してあるのだが、「おいしいどこどり」が思いのほか
楽しかった。
 解説は「のだめ」の中に出てくるマダドーナ・コンクール第3次予選の
新作ピアノ曲の作曲者である、海老原大作と、M響主席オーボエ奏者の
もぎぎという架空の人物が担当している。

 巻末には本日9月22日発売の「千秋真一とR☆Sオーケストラ」のデビュー
アルバム発売の宣伝まである。徹底した「遊び心」がファンを喜ばせる!
こちらはブラームスの1番とドヴォルザークの8番という、うなりたくなるよう
な組み合わせ。
 
a0023152_6103257.jpg

   



 さてCD。私はベートーベンがずっと苦手だった。どうしても心から好きに
なれない。ところがいきなり、このCDはピアノソナタ8番「悲愴」の2楽章から
始まっている。「ゴミの中で美しく響くアプリチオーソ・カンタービレ」これは、
千秋が最初に偶然に聴いたのだめの演奏である。
 これがけっこうよかった!こんなに素敵な曲だったかと聞き惚れる。
 これは収穫。
 ラフマニノフのピアノコンチェルトの2番は第一楽章の途中で切れてしまい
とっても残念。
 リストのメフィストワルツは好きな曲なので楽しく。昔、中村紘子が先生役を
していたNHK教育「ピアノとともに」の課題曲だった。懐かしい。
 ドビュッシーの「喜びの島」はずっとホロヴィッツで聴いてきたので、ちょっと
物足りなさを感じる。熊本マリさんは、きらいじゃないピアニストだがこの曲は
ちょっとね。ラプソディー・イン・ブルーの熊本さんの方がよかった。
 ラヴェルの「亡き王女のためのパヴァーヌ」管弦曲版はちょっと退屈でその
後のR・シュトラウスの交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」
はほんのちょっとだけなのだが、とってもよくて、全曲聴いてみたいと思って
しまう。
 ベートーベンの交響曲7番はとってもベートーベンらしく聴いた…。
 10曲目がなんと海老原大作作(実際は大澤徹訓作曲)のロンドン・トッカータ。
 
[PR]
by nokogirisou | 2005-09-22 04:48 | 音楽
<< ほぼ日手帳活用いろいろ 平日昼間のクラス >>