北書店(新潟市)

書店が大好きで、旅先でも、地元でもよく立ち寄るが、やはり、何度か通わないと本当の魅力はわからない。北書店は最も好きな書店の1つで、つい長居してしまう。私などは、まだ初心者だか、かなりコアな客が多く、そういう方々のコミュニティやイベントもある。店内はワンダーランド。棚が生きている。相性がよいのかもしれないが、まるで、自分のために本を選び並べてくれたのではないかと錯覚するほど、気になる本が、それぞれの棚面ごとに並んでいる。小説の棚模様が毎回変わっていて感動する。作家がとても大切にされている気がするのだ。さりげなく、高野文子の『るきさん』が平置きになっていたりするところも好きだ。クラフトエヴィング商會の本がたくさん並んでいるのもワクワクする。一番気になるのが、本屋さん関係の本を集めた一角で、古い観音開きの扉のついた棚の中に並ぶ本に惹きつけられる。児童書のコーナーも独特で、ここだけでもっと時間をかけて立ち読みしたくなる。
目下の目標は、カウンターと棚を行き来し、忙しそうな店長さんと本の話をすること。なかなか声をかけられなくて、決まりきった挨拶で終わっているのが残念。北書店は新潟市役所の向かえのマンションの一階にある。
a0023152_02224664.jpeg

[PR]
by nokogirisou | 2016-05-01 01:53 | 本と図書館
<< ラ・フォル・ジュルネ新潟2016 清塚信也PIANO SHOW >>