全国大学国語教育学会第130回新潟大会

学会員でもなく、国語教育学を学んでいるわけでもないが、地元開催
だったので、新潟大学に遊びに行ってみた。全国からたくさんの研究者
や実践家が集まってお祭りのようだった。学会というのは、みなそんなも
のなのかもしれない。とにかく青い空で、いい天気で、みなさんに新潟
大学の建物の最上階から日本海を見てもらいたいと思った。

 最初に一番印象に残ったことから書こう。私はなぜ国語教育と学校
図書館が協力して授業をする形にならないのか、そういう研究が少ない
のかとても疑問に思った。国語教育の中になかなかまるごと本を一冊
読む実践が出てこないのも不思議だった。それで主催者に質問した。
すると「日本の敗戦後、学校に読む本が著不足した状況から長らく学校
に図書館がなかった。それで日本の国語教育と学校図書館教育が、別々
に発展することになってしまったのだ」といわれた。それをずっと今もひき
ずっているのだ。したがって、読解と読書が別に論じられることになり、
作文は国語で書かせるが、レポートを書く探究的な学習は「情報」や「総合」
にまかされる。国語でレポートを書くための言語技術が十分教えられない
状況も生まれた。
 以前の大会では、リテラチャーサークルやアニマシオンやブッククラブ
の実践紹介もあったそうだが、今回の大会では全く登場しなかった。

 さて、改めて国語教育学というのは、本当に幅が広いということがわか
った。自由研究発表の時間が一日目の午前と2日目の午後にあり、様々
な研究発表がたくさんの会場でくりひろげられた。
 素人なりに勝手に分類すると、国語教育史、小中高の授業実践研究、
教材分析、国語教師論、作文の評価方法研究、文学の授業研究、説明
的文章・論理的文章の授業研究、メディアリテラシーとしての国語教育、
古典授業の開発、英語教育との関連、それからどう分類したらいいのか、
わからないものまでとにかく多種多様だった。
 テーマだけでなく研究方法も多彩だった。統計学の手法を用いたものが
一番多かっただろうか。因子分析が今一つ私にはわからなかった。その他
昔の文献をあたったもの実践例を分析したもの、海外の文学論を日本の
文学教育に応用し、具体的にあてはめる研究等である。

 1日目の午後は「読書人を育成する国語教育のあり方」というシンポ
ジウムが、2日目の午前には「国語科教育における理論と実践の統合」
というテーマで課題研究発表という名のシンポジウムが行われた。
いつも思うが「読書」や「読書人」の定義が難しい。それぞれ微妙にずれ
るので、なかなか難しい。

 また2日目の午後は自由研究発表と並行して、ラウンドテーブルという
ミニシンポジウムが行われていた。テーマは「これからの国語科教員養成
を見つめて」と「読書と周辺領域をめぐって」。

 今回なんども耳にした用語は「単元を貫く言語活動」「インストラクション」
「要約 縮約」「読書人」「読書習慣」「省察」。一方「アクティブラーニング」は
もう自明のことだからか、あまり話題にならなかった。
 それから、くりかえし引用される研究者の名前を何人か覚えた。そして
論文がたくさん引用されている研究者が、同じ分科会会場におられて、質問
しているのでびっくりした。国語教育の研究者も世代交代しつつあるようだ。
しかし参考文献の中に私もよく存じ上げている大村はま先生の名前が何度
も出てきたことに感銘を受けた。彼女は歴史的存在だ。そしてやはり偉大だ。

(彼女の最晩年に私は彼女のご講演を間近で聴くことができた。車椅子を
苅谷夏子さんが押しておられたことを鮮やかに思い出す。講演が始まると
車いすのまま、しゃんと背筋を伸ばして厳しい講演をされた。あれはめったに
ない貴重な機会だった。手書きの「てびき」を熱心に説明してくださったこと
が思い出される。)

 素人なので、とにかく質問したいことがたくさんあったが、発表の時間
制限が厳しく、なかなか満足に質問することはできなかった。けれども
頭のなかにたくさんのクエスチョンマークができたことは新鮮だった。
 地元開催というのはありがたい。たっぷり学会を体験することができた。
自分が日ごろいる世界と違う世界に接するのは、刺激的である。
 
[PR]
by nokogirisou | 2016-05-29 18:06 | 日々のいろいろ
<< 横山幸雄のコンチェルト 子どもと子どもの本のために  >>