「10Pianists」

 
a0023152_22412280.jpg

ピアノは88の音が調律されている。
 ピアノに関しては、ずっとコンプレックスの塊だった。でも、今さら
またちゃんとピアノを楽しく弾いてみたいなという願望もある。
 さて、ピアノのお稽古の仕方も時代とともに変化している。娘さんにピア
ノを習わせているという職場先輩とお話した。
 最近は、ピアノの教則本が昔と違うという。私の頃は、ハノン、バイエル、
ツェルニー100番 30番 ブルグミュラー ソナチネ ソナタ集、バッハの
インベンションというのが入門から初級者のおきまりだったように思うのだ
が、最近はバイエルやツェルニーをやらない先生も多いのだそうだ。
 その代わり、ジャズやロックのリズムや現代曲っぽい曲をたくさん取り込
んだ「ピアノランド」というエチュード集を練習するのだそうだ。それからソナ
チネに進むという。それも最初から全部やるのではなく、好きな曲を選んで
やっているという。時代とともに、お稽古の世界も変化しているのだ。
 ところで、今私が聴いているのは「10人のピアニスト」というCDだ。
 10人は次のみなさん。2枚のディスクに20曲のそれぞれのオリジナル曲
が収録されている。

 木住野佳子  国府弘子  榊原大  遠野篤史  中村由利子
 島健      妹尾武   西村由紀江  藤原いくろう 村松健 
[PR]
by nokogirisou | 2005-10-11 22:39 | 音楽
<< 國分康孝の言葉 『村上朝日堂はいほー!』 >>