きらクラ 長岡市公開収録

9月18日(日)のNHKFMの「きらクラ」は9月11日の公開
収録の模様を放送していた。
その公開収録の現場に、私は幸運にも立ち会うことができた。
これはめったにない、なかなかエキサイティングな経験だった。
まず、公開会場に新潟県が選ばれたのが幸運だった。そして
応募者多数の中、座席引き換え券が私のところに届いたことが
奇跡的だった。その上、早めに並んだおかげで前から3列目の
真ん中というすばらしい席を得ることができた。これだけで感
謝の気持ちでいっぱいだった。

公開収録はやはり普段のコンサートとはことなり、たくさんの
NHKのスタッフが動き回っていた。舞台には舞台監督がいて、
収録開始前に、いろいろな注意や指導がある。時間との闘い。
またラジオ番組のため、どうしても短い曲や、一曲の中の1楽章
のみの演奏になる。しかし、それがまた今まで意識しなかった
曲の魅力の発見になって楽しかった。

今回はMCふかわりょうさんの気遣い、気配り、スマートさに
感動したし、遠藤真理さんの慈愛あふれるコメントや、チェロに
本気で対峙する真剣なまなざしを目の当たりにして圧倒された。
やはり生はいい。
ゲストのピアニスト上原彩子さん、コントラバス奏者の池松宏
さんの魅力を十分に引き出していたと感じた。
上原さんの演奏はチャイコフスキーコンクール後に新潟で聴いて
いたが、その当時とはすっかり雰囲気がことなり、母親の貫禄と
あたたかさを備えていた。ロシア音楽が大好きだということを
全身で表現していた。
池松さんは日本から飛び出し、ニュージーランドで活躍された
ことで、ユーモアと音楽の幅を獲得されたようだった。ハープ
の篠崎和子さんとのデュオでコントラバスの魅力を存分にアピ
ールしていた。

遠藤さんは、彼らと共演するのだが、すこしも遠慮せず、闘い
つつも、力を合わせてひとつの魅力的な音楽世界を創り出していた。

オープニングは
「小犬のワルツ」 ショパン作曲、上柴はじめ・編曲

上原彩子と遠藤真理さんのデュオ

「前奏曲 作品3 第2“鐘”」 ラフマニノフ作曲
上原彩子の独奏 上原さんらしさが出ていた。

「チェロ・ソナタ 作品40から 第2楽章」
ショスタコーヴィチ作曲
上原彩子と遠藤真理のデュオ
とてもいい曲で全曲聴いてみたい。

「バレエ音楽“くるみ割り人形”から“花のワルツ”」
チャイコフスキー作曲、上原彩子の編曲で独奏
 オーケストラの音がピアノの音に変化していて
とても興味深かった。

「エストレリータ」 ポンセ作曲
池松宏と篠崎和子のデュオ

「チャールダーシュ」 モンティ作曲
池松宏と篠崎和子のデュオ
池松さんの演出で笑いをこらえることができない。

「“チェロとコントラバスのための二重奏曲”から 第3楽章」
ロッシーニ作曲
池松宏と遠藤真理のデュオ (コントラバスの楽器を変える)

「カヴァティーナ」 マイヤーズ作曲
池松宏と篠崎和子のデュオ
映画の主題歌だが哀愁に満ち、すばらしい。
ゲーリー・カーもアンコールで弾いていた曲

最後はみんなで
「上を向いて歩こう」 中村八大・作
上柴はじめの編曲がすばらしい。ふかわさんも
リコーダーとウインドチャイムで参加していた。

 ますますこの番組のファンになる。
 きらくらDONは、遠慮して手を挙げられなかったのだが…

[PR]
by nokogirisou | 2016-09-19 09:12 | 音楽
<< 東京交響楽団第97回定期演奏会 横山幸雄のコンチェルト >>