横坂源 チェロリサイタル9月22日

9月22日(木)相模大野の相模女子大グリーンホールで

行われた横坂源のリサイタルに行ってきた。会場は満員。

彼は最近初めてのCDをリリースしたばかりだ。FMの

「リサイタルノヴァ」で藤井一興さんとバッハのヴィオラ

・ダ・ガンバ・ソナタを演奏したことは、記憶に残ってい

たが、それを全曲CDにするとは彼の想いの深さを感じる。

その黒いCDが会場でも販売されていた。

今日は演奏会でも3番ト短調を弾いてくれた。
互いの音を聞き会いながら対話のような素敵な演奏だった。

バッハはチェロリサイタルの導入としてよかった。最初に

バッハを演奏することで、会場の雰囲気がなごみ、観客と

演奏者が近づく。


私はその後のベートーベンのチェロソナタにより、刺激を

受けた。

ベートーベンのチェロソナタがこんなに魅力的だったかと

発見があった。2楽章仕立てあれっと思うが、解説にもあ

ったが対比に富む作品でおもしろかった。

ドヴォルザークの「森の静けさ」と「ロンドト短調」はベ

ートーベンからショパンへのつなぎとして、心を落ち着か

せ、心地よい音楽だった。


最後のショパンのチェロソナタには、のめりこみ感動した。

今の横阪が、ロマン派の世界にびったり合っているように

感じた。ピアノとチェロの

相性の良さを感じる。愛称哀愁感がたまらない。

ピアニストに藤井さんの芸術性に触れられたことも喜びだ。

藤井さんの

ピアノはFMでよく聴いていたが、生がすごい。
横坂さんの演奏の隅々を聴き、観ていた。彼を敬愛する横坂
の姿がまた、かっこ良かった。

アンコールは、サン・サーンスの「白鳥」のサービス。


最後におもいがけず、横坂さんの声をきくことができた。
たっぷりチェロの音楽を楽しめて本当に満足の午後であった。


[PR]
by nokogirisou | 2016-10-01 09:30 | 音楽
<< 映画「君の名は。」 東京交響楽団第97回定期演奏会 >>