映画「砂の器」1974

1974年の松竹映画
映画作品として、構成のうまさに圧倒させられてしまう。
この映画にはときどき字幕が出るのだが、臨場感ある言葉が
的確なタイミングで打ち出され、これが見る者を一層、映像
に引き込む。

 羽後亀田の捜査→蒲田駅での殺人事件の状況→捜査→
中央線上から布切れを撒く女のエピソード→被害者の身許が
わかる→東北弁と出雲弁の共通点の発見→出雲の亀崇村の
調査→布切れからO型の血痕発見→亀崇村史を読む→伊勢
に行き被害者三木の東京行きの動機を解明→石川県大畑村
での聞き取り・本浦親子の調査→和賀英良の「宿命」の作
曲が進む→大阪での和賀英良戸籍調査→事件の全貌が明らか
にされる合同捜査会議と「宿命」の初演のシーンが並行して
描かれる。

 最後に一気に物語が展開し、捜査の段階では点だったこと
が、丹波哲郎扮する今西刑事によって線に面にして語られて
いくところが、圧巻だ。日本の各地を廻る旅が、有効に使わ
れていた。

加藤剛演じる和賀英良は影があり、孤独を背負って何を考えて
いるのかわからない音楽だけに生を見出す男を演じていた。
ピアノの演奏は吹替だろうが、まるで彼自身が演奏しているよう
に見えた。
 タイトルの砂の器の意味するものが、とても深く、映像として
は最初と、今西刑事の想像映像の中での秀夫が川辺で砂の器を作
るシーンの2回出てきて、これはとても意味深である。「砂の器」
とははかないものの象徴なのだろうが、それだけなく、崩れゆくこ
とをわかっていても器を作らずにおられない。私たちのむなしい欲
望をも表しているのかもしれない。

 伏線を盛り込むのは映画の常道だと思うが、うまく伏線が埋め込
まれていた。
それだけでなく、どうでもいいシーンに私はけっこう魅力を感じた。
二人の刑事が、駅前の食堂でどんぶりものを食べるシーンや、なかな
か捜査が進まない中でうりを食べるシーンが妙に印象に残っている。
食堂車や列車の座席、純喫茶、警察署内の雰囲気に「昭和」を感じる。
そして、喫煙シーンがなんと多いことか。当時はみんなスパスパ吸っ
ていたのだ。

 この映画はハンセン氏病の差別と偏見と、貧困という重いテーマを
取り上げた作品だということが、最後になって明らかにされていく。
ハンセン氏病の本浦親子の悲しい放浪の旅の様子は今西刑事の想像、
推察という形で映像化され、秀夫少年の目の光がとても印象的に映し
出されていた。
 警察が、足でかせいで調査し、捜査をすすめるアナログさも興味
深かった。インターネットと交通網の発達した現代では想像できな
いくらい、出張も捜査も大変だったのだろう。逆に現代では個人情
報云々の問題でなかなかできないだろうと思われる、聞き込み捜査
や戸籍調査、飲み屋でのおしゃべりなどが、事件解決に役立ち、物
語展開に重要な役割を果たしていた。
 
音楽もこの映画の魅力だ。
挿入曲と最後の「宿命」の演奏が、うまくかみ合い、映像を包み込
んでいてこの映画を魅力的にしている。
 菅野光亮作曲のピアノと管弦楽のための組曲「宿命」はメロディ
アスで悲劇性があり、この映画には合っていたと思います。音楽も
時代を映す鏡で、菅野の「宿命」がリアルに昭和46年の空気を
表現している。
 逮捕状を持ってコンサート会場を訪れた今西刑事の「彼は今、父
親に会っている。
彼はもう音楽の中でしか父親に会えない」という台詞が記憶に残って
いる。
 

[PR]
by nokogirisou | 2017-08-06 01:56 | 映画
反田恭平ピアノ・リサイタル20... >>