「歌い出した鳥」鍵冨弦太郎

 鍵冨くんのヴァイオリンをもう一度聞きたいと思っていたら、CD
が出ていた。
 ファーストアルバム「ヴィヴァーチェ」もそれなりに楽しめたが
ちょっともの足らなさがあったのことは否めない。
 今回出た、『歌い出した鳥』は、それに比べると選ばれた曲も
充実しているし、演奏も味わいが増したと思う。ラジオで聴いた
ときのような硬質の音色を楽しめた。
 私の印象では、やはりイザイの無伴奏ヴァイオリンソナタと、バッハ
の無伴奏ブァイオリンパルティータがとってもよかった。無伴奏の
緊張感と伸びやかな音色がとても気に入った。
 聴いたたとで読んで知ったのだが、彼自身イザイとバッハが好きだ
ということだ。それがとてもよく伝わってくる。
 ぜひイザイとバッハの無伴奏は全曲録音してほしい。
a0023152_6155490.jpg

[PR]
by nokogirisou | 2006-02-15 06:02 | 音楽
<< しちりん亭 今年のバレンタインデー >>