吹奏楽部定期演奏会

 地元の高校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきた。
毎年、楽しみにしている。吹奏楽の響きが好きになったのは
ここ数年だが、特に高校生の演奏はとても熱がこもっていて
よい。
 この定期演奏会は単なる吹奏楽の演奏会ではない。部員
たちは歌って、踊って、楽器も演奏する。
 開演前の少しの時間に、スペシャルプレゼント。それは
3年生による合唱。これが胸にひびく。そしていよいよ幕があく…





第1部がミュージカル、「サウンドオブミュージック」
   まず、吹奏楽だけでメドレー。それから、本格的な
   ミュージカルが始まる。
   マリアがとってもかわいい。
   修道院の院長の歌がしみじみ。
   トラップ大佐たちの7人の子どもたちの歌声が見事。
   トラップ大佐の「エーデルワイス」はしびれた。
   みな役者だった。

第2部は 本格的な吹奏楽演奏
   3年生による「青春のアミーゴ」   ガーシュイン・エアー
   2005年度吹奏楽コンクールの課題曲Ⅲ「ストリート・パフォーマンスマーチ
   (これはなかなか聴き応えあり)
   自由曲「中国の不思議な役人」
第3部は  楽しい吹奏楽
   「Instant Concert」    
  (世界の名曲が次々のメドレーになって登場。次は何かとわくわく)
   「キズナ」
  (オレンジレンジの曲を顧問の先生が編曲してくれたもの。三線の演奏も
   あり、沖縄の空気を感じました)
   「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス」
  (「メリー・ポピンズ」に使われた曲 明るくノリのよい曲です)

  ここで、三年生の卒業式。この吹奏楽部の3年生は卒業式後も毎日練習
  に参加し、この定演が卒業式なのだそうだ。これがなかなか感動的。
  3年間を吹奏楽にかけてきた部員の熱い気持ちが伝わってくる。

   最後は
  「未来への飛行」
  (なんだか大地が、地平線が見えていくるような、吹奏楽の醍醐味を感じさせ
  てくれる曲)
  
   アンコールは時代劇音楽メドレー
   本当に盛りだくさんで、楽しい演奏会だった。部員一人一人が、何役もこなし
   大活躍だった。
  
       
[PR]
by nokogirisou | 2006-03-26 20:52 | 音楽
<< さぼてんと人間関係 村上春樹 カフカ賞 >>