信州そば

 「長野といえば、やはり蕎麦よね。」
といっしょに出かけた仲間といっしょに高山亭という蕎麦屋に
入った。昼時は大変な混みようだった。
 私は、麺類を食べるのがとても早い。だから蕎麦はいつも
大盛りである。迷わず「大ざる」と注文した。
 ところが、出てきた蕎麦を見て後悔した。新潟のざるそばとは
違うのだ。本当に山盛りだった。
 しかも、麺の硬いことといったらない。腰があるというのか、
噛みごたえがあるというか。食べても食べてもなくならない。
日頃、海藻つなぎのつるっとした蕎麦や、山都のほそい蕎麦を
食べ慣れているので、そのワイルドな味は新鮮だった。タレは辛め。
七味唐辛子が香り高い。
 そば湯を飲む前に、おなかいっぱい。
 本当に蕎麦腹だった。私だけでなく、みな口々に「いや~大盛りだね」
と感心していた。
 信州蕎麦あなどるなかれ…。
[PR]
by nokogirisou | 2006-08-04 23:07 | 日々のいろいろ
<< 不完全燃焼 長野へ >>